【幼児教室】国立附属小学校受験、まだ間に合います(その2)

暑くなってきましたね~。よく言われることですが、人間はひと夏超えるたびに大きく成長するとか・・・

ましてや、子供達は目に見えるように心身ともに大きくなっていきますね。

夏を制する者は受験を制する! 頑張り時ですね。

さて、国立受験、問題なのは、試験のほかに抽選があることと言われます。1次抽選→検査(試験)→2次抽選で最終合格者が決まります。筑波は1次で約半分、お茶の水は20%弱、竹早は30%程度が残ります。しかし、大泉は男子90%、女子は全員が残り、世田谷、小金井は1次抽選はありません。ここはまさに運ですが、お住いの地域によって受験できない学校を除けば、4~5校申し込めます。確率的にも1~3校は抽選を通過し、受験できるものと考えられます。

そしてその次に実力が試される検査を迎えます。この検査では最終定員に対し、筑波は1.5倍、お茶の水、竹早が2倍、小金井、世田谷が2倍弱、大泉1.5倍程度の合格者を出します。ここで最後の抽選になるわけですが、各校最終合格者の1.5倍から2倍の検査通過者がいるわけで、より多くの幼児にチャンスが与えられるわけです。検査だけを考えれば、難関私立校より難しくはありません。

このチャンスに乗るべく、まなびケーションは検査合格を目指し、できる限りのご支援を申し上げたいと思っております。この努力はお子様の大きな成長に間違いなく役立つことでしょう。

夏休みには、集中特訓コースも設けます。初めての方も是非ご参加ください。毎週土曜日に体験授業を行っています。お問い合わせはこちらまで。