【学び直し英語】2つ目の意味を探ろう! ~always編~

皆さま、こんにちは。まなびケーションのマスコット、ネコのmanaです。

(英語版の記事はこちらから。)

マスコットのmanaです。

さて、今日は「2つ目の意味を探ろう!」の第一弾です。
(「2つ目の意味を探ろう!」とは?と気になった方はこちらの記事をご覧ください。)

先日、FUN ENGLISHの入会希望でお越しになったお客様のレベルチェックタイムでのやり取りからご紹介します。(Y様、ブログ掲載のご快諾ありがとうございました!)

FUN ENGLISHの先生であるMs. LeslieとY様が会話をしている中で、Y様が最近気になっている趣味は自転車だという話題が挙がり:

Ms. Leslie:”Did you always like riding bicycles?”
Y様: “Yes, I ride on a bicycle everyday to my workplace.”
(それぞれの訳文は、追ってご紹介します。)

というやり取りが交わされました。この後、流れのいいところで一度区切り、このやり取りを確認していくことにしました。まず、Y様の返しを見てみましょう:

“Yes, I ride on a bicycle everyday to my workplace.”
(「はい、毎日、職場まで自転車で向かっています。」)

確認してみると、どうやらY様には “Do you always ride (on a) bicycle?”と聞こえたようで、このひと言を返してくださったようです:

“Do you always ride on a bicycle?”
(「いつも自転車に乗っているのですか?」)

という意味になりますので、確かにこう聞こえたのであれば、Y様の返しは全く問題ありません。皆さまは中学でalwaysという単語を学んだ時、この質問で使われているような「いつも」・「必ず」という意味だとお勉強されたと思います。

alwaysはこれらの意味でも非常に良く使われますが、実はalwaysには「前々から」・「以前からずっと」という意味もあり、こちらの意味合いでも非常によく使われるのです。

ですが、中高の英語の授業ではあまり紹介されていないかもしれませんね。manaは英語で知人と会話している中で、alwaysにこういう意味があると気づきました。

Y様はこれまでalwaysの2つ目の意味に出会う機会がなかったようで、そのため、聞き間違いをしたのかもしれないと振り返り納得されていました。

それでは、Ms. Leslieの質問を改めて見てみましょう。

“Did you always like riding bicycles?”
(「昔からずっと自転車に乗るのが好きだったの?」)

alwaysの2つ目の意味を知っていると、likeがあることや過去形の質問であることにも違和感を覚えずに理解できるかもしれません。

それでは、「前々から」・「以前からずっと」の意味のalwaysを使った例文をもう少し見てみましょう:

“I have always lived in Nishieifuku.”
(「もうずっと西永福に住んでいます。」)

“I have always wanted to go to Finland.”
(「前々からずっとフィンランドに行きたいと思っていたの。」)

いかがでしょうか。お馴染みの単語 alwaysの2つ目の意味の学び直しで、英語の表現力アップのお手伝いができていれば幸いです。

それでは、またお目にかかれる日まで!See you again!!!

(英語版の記事はこちらから。)