【今週の学び直し英語】ユーモアを交えて”OK”と伝えたい場合

皆さま、こんにちは。まなびケーションのマスコット、ネコのmanaです。

(英語版の記事はこちらです。)

マスコットのmanaです

「今週の学び直し英語」、まなびケーションの窓には日曜日に張り替えましたが、直接ご覧になった方はいらっしゃいますか?

今週は…、

何やら無線機も貼ってありますね…

Do you copy?” “Copy.
(「分かった?」「了解。」)

のやり取りのご紹介です。海外ドラマ・洋画がお好きな方は、耳にしたことがあるかもしれません。(フレーズの近くに貼ってある無線機とセットで登場しやすい軍隊用語になります。)

copyという単語が入っているので、文章を耳にするだけですと「資料をコピーしてもらいたいの?」「言っていることを真似してもらいたいの?」と勘違いする方も少なくないようです。一方で、海外ドラマ・洋画では無線越しの会話でよく使われる表現なのでドラマ内の状況から「copy」という単語を連想できず、「今、登場人物が言ったのは何の単語なのだろう?」「『カーピー』とは何なのだろう?」と思われる方もよくいらっしゃいます。

ですが、ここでの“copy”は「今、私が言ったことをきちんと『写し取れる』ぐらいに頭に入れたか?」→「理解したか?」という意味を持ちます。”copy”の元の意味である「複写する」を情報に対して使っているわけですね。

その返答としては”Yes, I copy.”が正しくなりますが、無線越しの会話で使用されることが多く、切羽詰まった状況下であることも少なくないので”Copy.”とひと言で済ます形で使われることが多くなります。

軍隊用語なので「日常会話では使いにくいのでは?」と思われますが、manaは友人同士のくだけた会話で”OK.”の代わりに冗談めいて”Copy.”や”Copy that.”と返すこともありますよ。(ですが、上司など目上の方に使うのは控えています。)

それでは、今回のフレーズでmanaがポイントだと考えているのは次の2つです:

(1) “Do you copy?” “Copy.“は、海外ドラマ・洋画の無線機のやり取りでよく耳にするフレーズです。聞き取れると楽しいかもしれません。
(2) 友人に対し、“OK.”の代わりに“Copy.”・”Copy that.”とユーモラスに返答してみましょう。

今週の学び直し英語、お楽しみいただけたでしょうか? FUN ENGLISHでは海外ドラマでよく使われる表現を取り上げるレッスンも行っていますので、ご興味ある方はぜひ無料の体験授業を受けてみてください。

それでは、またお目にかかる日まで。See you again!!!

(英語版の記事はこちらです。)