【学び直し英語】「お疲れさま!」は英語で?

皆さま、こんばんは。まなびケーションのマスコット、ネコのmanaです。

(英語版の記事はこちらから。)

マスコットのmanaです。

昨日、サッカー日本代表ご一行が日本に帰国されましたね!多くの方の祝福を受けて空港内を歩く姿がとても印象的でした。

西野ジャパンに精いっぱいの「お疲れさま!」を伝えたい場合、英語では何と表現すればいいのでしょうか。manaの頭をよぎったのは:

You did your best, NISHINO JAPAN!”
(「お疲れさま、西野ジャパン!」)

という表現です。直訳すると「最善を尽くしたね!」という意味になります。manaはサッカーに詳しいわけではありませんが、実力を惜しむことなく発揮してくれたベルギー戦となった印象を受けたので、こちらの表現を選ばせていただきました。

日本語の「さぞかし疲れたでしょう」という心が緩むひと言も、英語の「最高の出来だったね」という心の疲れが取れるようなひと言も、どちらも言われると「また頑張ろう」という気持ちになれますね。

そういう意味の違いも大事にしたいと思い、manaはFUN ENGLISHに来てくださっているネイティブの先生方に「お疲れさま」という気持ちを伝えたい時は、迷わず”Otsukare-sama”と声をかけます。ですので、普段日本語でやり取りする間柄の方に”You did your best!”と伝えてみるのも素敵かもしれません。

それでは改めて…、”You did your best, NISHINO JAPAN!” Thank you for the great matches. (素晴らしい試合をありがとうございました。)

(英語版の記事はこちらから。)

オレンジ色の紙には…

(今回ご紹介したフレーズは「今週の学び直し英語」として、まなびケーションの窓に貼っています。日曜日まで貼っている予定ですので、ぜひご覧いただければ幸いです。)