5歳から書家である母の手ほどきを受け、書道を続けて参りました。結婚、3人の子育てを経た今日も会に所属し展覧会に出品するなどしながら勉強を続けております。

長く続けてきたこと、美しい字が書けることは私の誇りと自信となり、今ではかけがえのない人生の支えとなっております。

デジタル化が進んだ現在でも書くことは様々な場面で必要ですね。人前で美しい文字が書けることは大きな自信となり一生の宝物になるでしょう。1400年以上も前に中国から伝わった書道は、先人の残した和歌、俳句、詩を味わいつつそれを表現する奥深い芸術でもあります。日本が世界に誇れる書道の魅力を、幅広く皆様に知って頂くことが私の使命と考え、書道教室を開きました。紙に向かい静かに字を書くことで集中力が養われ、強い心が育くまれます。つい忙しさに流されがちな日常から少し離れ、自分を見つめる時間を過ごしてみませんか?初めての方には基礎から丁寧にお教えします。一緒に楽しく学んでまいりましょう。                            産本 紫康